本当は真面目なんだけど容量小さいので整理できない頭の中


by o00honey-bee00o

2017.3月の体験記録

誰にも報告義務はないけど、貴重な学びの過程の1つだと感じたので、レポート代わりにここに書いておく。

①文化芸術で益田を元気にする会議 第2回目
15分間、お話の機会をいただく。
若い人を集めて、文化活動で益田を活性化させるためのワークをやるという主旨。
打ち合わせをしてみるに、益田で昔からある悪習「自分のやりたいことはやるが、面倒なことは『できない』と言って行政にさせる」を絶ちたいという思いがあるのかなと察する。
声かけの範囲は、益田市文化協会と小中学校の先生。それって結局、ベテランの人しか集まらないんじゃないの、と思っていたら案の定。
最初の主旨と全然違うじゃん…と戸惑いつつ原稿を大幅修正。
会場に行ってみると集まったのは20人程度、発表者の私と美術家の方以外、還暦以上。
茶道の方が「昔はグラントワでのお茶席の機会が年に2~3回あったのに今はない。残念だ」「和室がない」「利用料金が高い」「準備片付けを自分でしろと言われる。高齢者ばかりで体力仕事はできないのに」
機会がないなら自分で創れ、和室がない、利用料が出せないならできるところでやればいい、自分達で準備片付けができないなら出来る人を頼めばいい、知り合いがいないなら創ればいい。と思うのは、私が若いから?
きれいなところでやりたいけどお金は払いたくない、自分たちの快適な環境でやりたいけどその環境は誰かが作ってくれなきゃできない、そんな勝手な話ある?
そして、いい施設だけど高い、っていうのは当たり前なんじゃないだろうか。
その良さを維持するためにお金がかかっていて、その負担はみんなで平等にしましょうよ…ということなんだから。
更にまるっきり利用料に反映してるわけでもなくて、大部分は税金でまかなっている。
こんなきれいな建物が、お金さえなんとかなれば使えるっていうんだったら、お金をなんとかすればいいじゃない…と思うんですけどね。
そして、なぜ市役所の人がグラントワの利用相談に応じるんですか?グラントワの利用窓口になることが業務なの?
グラントワの窓口の人が相談に応じてくれないっていう事情があるの?
そして、この会議が何を目指しているのか全然分からない。会を成立させるためだけに、自分たちで状況を打破しようという意志のない人を集めて、生産性のない文句を発表させて、しかも議論できてないのに次のステップに進んでいく。
次世代の若者が好きなものを発表させる環境を作るっていうのはいいことだと思う。
それをこの会でやればいいんじゃなかろうか。
意見を出した私に丸投げするのでなく、最初の一本釣りくらい事務局で苦労してほしいものです。

②ふたたびの恋 観劇
ラブストーリーでした。
長台詞を言うのが精一杯で、ちょっと棒読みっぽくなってるところが後半目だった感じで。
こちらも集中力落ちてて、ところどころ理解出来ない部分がありました。
ていうか、実際に付き合ってるカップルのラブストーリーは、見るに堪えないものがありました。
43歳にしてはおじいさんだったし、30歳が言ってるセリフなのに着地しない感じ。
まぁ~初日だし、そんなもんか!

[PR]
by o00honey-bee00o | 2017-03-19 14:06 | 仕事